アトピー体質ならお風呂に浸かって正しく治そう

ウーマン

魅力的な目元になる第一歩

眼

まつげや目元に負担をかけすぎてしまうと、まつげが成長しないうちに抜けてしまう可能性があります。まつげが抜けるのが気になるという方は、一度自分自身の生活を見直してみましょう。少しの心がけで改善することができます。

効果と選び方

まつげ

まつげのコンプレックスはまつげ美容液で解決します。メイク感覚でマスカラ下地として使えるタイプは脱毛予防ができます。育毛剤メーカーの美容液は育毛効果が高く、ボロボロになったまつげを復活させる効果があります。

しっかりお湯に浸かろう

入浴

効果的な入浴方法を知ろう

アトピーに悩まされている人の多くは、いけないとわかっていながらも痒みに我慢できず、つい掻いてしまっているでしょう。当然、肌には掻き傷ができてしまい、お風呂に入るとその傷にお湯が染みて痛いということになってしまいます。さらにアトピーの肌はたいてい乾燥していますので、乾燥して肌バリアが低下した肌でお湯に浸かると、体全体がピリピリしてしまうということも起こってきます。そのため、できるだけ刺激を与えない方がいいと判断し、さっとシャワーを浴びるだけにして、入浴後にステロイドを塗るというお風呂の入り方になっている人も多いと思われます。けれど、実はアトピーの肌はお風呂にしっかりと入って清潔にすることが大事であるということを、シャワーで済ませている人は知らないと言えるでしょう。正しい入浴をすることがアトピーを改善する方法であるとわかったなら、毎日でもお風呂に入って改善したいと考えるのではないでしょうか。そのための具体的な方法として大事なのは、まず体に塗ったステロイドを落とすことです。これをしないと、前に塗ったステロイドがコート剤の役目を果たしてしまい、次に塗るステロイドが効果を発揮しにくくなります。その結果、どんどん強い薬になっていくという悪循環になりますので、これを断ち切るためにきれいに洗い流すことが大事です。体を洗うときは石鹸の泡をそっと置くようにして、優しく撫で洗うと効果的にステロイドと汚れを落とせます。さらに、お湯の温度をあまり熱くしすぎないようにする理由は、熱いお湯は皮膚を刺激して痒みを引き起こすからです、目安としては10分間お湯に浸かっていられる温度にするよう、調節するのがいいでしょう。

素敵に化粧をしたいときは

メイク

チークは肌の色に合わせて自然な感じを出したり、肌の色と離れた色合いを使うことで印象を変えたりできます。チークの形状で色づきも変わってきます。チークの特徴を知り、ポイントを押さえてコスメ選びをしましょう。